スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症状別のアプローチについて

このマニュアルの基本は症状によらないどんな恐怖症にも対応できるようなものになっています。

しかし、より高い成果を上げるために具体的ないくつかの症状については個別の対処法も書かれています。

例を挙げると・・・

不潔恐怖症、高所(閉所)恐怖症、視線恐怖症、音恐怖症、

不安恐怖症(パニック障害)、嘔吐恐怖症、飛行機恐怖症・・・


本番で上がってしまった時のための「本番恐怖症」の対処法もあります。


これらはみんな長年の経験を積み重ねた中で見つけた特に効果の高いアプローチです。。

もしこのなかに自分の当てはまるものがなければメールサポートを活用してみてはいかがでしょうか?

実際に先生に聞くことができるので必ずいいアドバイスがもらいるはずです!!
スポンサーサイト
FXプライムのレバレッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。