スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖症克服の具体的な手順

当マニュアルでは自己催眠を通して恐怖症を克服します。

一見難しそうに見えますが本当に簡単なことです。

では具体的な手順を説明したいと思います。

1、恐怖症について正しく理解する

2、イメージを膨らませながら本文を読む

3、付属の誘導音声をリラックスした状態で聞く


本当にたったこれだけです。

これだけで本当に大丈夫なの?」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。

そんな人のためにこのマニュアルを購入すると著者である大滝さんから無料でメールサポートを受けることができます。

わからない所やうまくいかないところがあればいつでも何度でも相談することができます。

本気で恐怖症を克服しよう、と思った方は是非いちどマニュアルを手に取ってみてください。

具体的なトレーニングの例(催眠導入トレーニング)


banner1_36675.gif









スポンサーサイト

催眠導入トレーニング

ここであなたが実際に行うべきトレーニングを少し紹介しましょう。

催眠導入トレーニングというものがあります。

これは催眠導入のためのトレーニングなのですがそれだけで恐怖症が治ってしまうこともあるくらいすごいものです。

リラックスして聞くだけ」で本当に体が軽くなって気持ちよくなっていきます。

また体の血のめぐりも良くなり健康にもとても効果があります。

実際に試してみて思ったことですが、代謝も上がってダイエットにもつながるかもしれません。

誰でも簡単に手軽にできます。場合によっては電車の中でもできるかもしれませんね。

さらにこれとその他いろいろなトレーニングを繰り返すことで絶大な効果を得ることができるのです。


ぜひ効果を実感してみてください。

どんな恐怖症に対しても効果があります

恐怖症といってもいろんな種類があります。人見知り、対人恐怖症や高所恐怖症、閉所恐怖症などなど・・

たった一つのマニュアルでこれら全部の恐怖症に対応できるの?とあなたは疑問に思うかもしれません。

でも大丈夫です。御安心ください。

前にも言いましたが、恐怖症とは「脳が作り出した催眠状態」です。

その催眠状態がたまたま対人恐怖症であったり、高所恐怖症であったり。

どれも本質的には同じものなのです。

当マニュアルはこの「脳が作り出した催眠状態」を弱めることで恐怖症を克服しようというものです。

なのでどんな恐怖症に対しても対応することができるのです。

でも「それでも心配…」という人のために症状別のアプローチもあります。

⇒症状別アプローチ


症状別のアプローチについて

このマニュアルの基本は症状によらないどんな恐怖症にも対応できるようなものになっています。

しかし、より高い成果を上げるために具体的ないくつかの症状については個別の対処法も書かれています。

例を挙げると・・・

不潔恐怖症、高所(閉所)恐怖症、視線恐怖症、音恐怖症、

不安恐怖症(パニック障害)、嘔吐恐怖症、飛行機恐怖症・・・


本番で上がってしまった時のための「本番恐怖症」の対処法もあります。


これらはみんな長年の経験を積み重ねた中で見つけた特に効果の高いアプローチです。。

もしこのなかに自分の当てはまるものがなければメールサポートを活用してみてはいかがでしょうか?

実際に先生に聞くことができるので必ずいいアドバイスがもらいるはずです!!
FXプライムのレバレッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。